ディフェンスでチャージングをもらうために大切なコツ

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

バスケットの経験者であればご存知かと思いますが、実際のバスケの試合において判定されるファウルのほとんどがディフェンス側によるものです。オフェンスを無理に止めようとすることによって起こるファウルである場合が大半です。

バスケットにおいてディフェンスはオフェンスにあわせて対応せざるを得なく、個人的にオフェンスが有利なスポーツだと思っています。ディフェンス側のファウルが嵩むのは必然なのです。

しかしバスケにはオフェンス側のファウルも当然ながら存在します。代表的なのがチャージングです。ディフェンスが先にコースに入っているにも関わらず、無理にオフェンス側が突っ込んでしまった場合に適用されるファウルです。

このチャージングをもらうのは簡単ではありません。チャージングをもらうことを「テイクチャージ」と呼んだりしますが、巧みなディフェンス側のテクニックが必要になってくるプレーなのです。

このページではそんなチャージングを上手くもらうためにディフェンスで大切なコツについて解説していきます。

ドライブのコースを読む

ボールマンへのディフェンスでは、基本的にオフェンスの動き出してからディフェンスは対応します。動き出しの時点で遅れてしまうわけです。

チャージングをもらうにはオフェンスより先に進むコースに入ることが必要です。そのためにはドライブのコースを読むことがとても重要になってきます。

ドライブが右に来るのか左に来るのかを予測して先回りすることが出来れば、チャージングがとれる確率が格段に上がります。ドライブの瞬間にスライドして先にコースに入って待ち受けましょう。

気をつけなければいけないことは、読みすぎて逆にフェイクに引っかかりやすくなることです。チャージングをとることばかりに気をとられてしまい、簡単にフェイクに騙され、抜かれてしまっては元も子もありません。そのあたりのバランスには常に気を配るようにしなくてはなりません。

大げさなジェスチャーをしない

実際の試合中にもよく見かけるのですが、チャージングをもらおうとしてディフェンスが大きな声をだしたり、大げさに倒れすぎたりすることがあります。私も中学生時代のころにはよくやっていました。

ドライブでのチャージングが判定されるシチュエーションでは大半がディフェンスが倒れるまでオフェンスが突っ込んだ場合です。つまりディフェンスが後ろに倒れたり、転がらなければチャージングはなかなか吹かれません。

そのため大げさに倒れたり、声を出してチャージングをアピールする選手の心理はよくわかります。

しかし私の個人的な体感では大げさすぎるジェスチャーは審判に好まれません。審判も人間なのでテイクチャージを狙いすぎているなと感じると逆に笛を吹きたくない心理が働くのだと思います。

また演技が酷いとき、悪質だと判断された場合にはテクニカルファウルをとられることもあります。あくまでも自然に倒れたように見せることが大事です。

フェイクをかける

バスケットにおいてフェイクというとオフェンスがするものというイメージが大きいです。しかしディフェンスもフェイクを効果的に使うことによってチャージングやミスを引き出すことが出来ます。

ボールマンを抜かせたい方向に誘導するために、わざと少し逆側に寄っておくことでオフェンスのドライブの方向が読みやすくなります。

ドライブに来る方向が分かれば、オフェンスがドライブに来た瞬間に全力でコースに先回りし、チャージングをもらえる確率がグンと上がります。

あまりあからさまに片側によりすぎると不自然すぎてオフェンスに警戒されてしまうので、さりげなく片側が空いていると思わせるように仕向けましょう。

 

まとめ

オフェンスの全力のドライブに対してコースに入り、チャージングをもらうディフェンスをするというのはかなり難易度の高いプレーです。

1試合に1回も見ないと思います。

しかしそれぐらい難しいプレーだからこそ、綺麗にテイクチャージが決まったときの快感は凄まじいものがあります。言葉では言い表せないような嬉しさや満足感を得ることが出来ます。

私も現役時代に気持ちよくチャージングをとることが出来たときの嬉しさによってディフェンスやバスケの楽しさを感じていました。

ぜひあの快感を多くの人に味わってほしいです。