シュートの飛距離を伸ばすためのコツ・方法を紹介

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

「シュートが中々飛ばない」というような悩みを持っているバスケット初心者の方は多いと思います。

バスケのシュートの動作は日常生活ではありえない動きであるため、その動きに慣れていない初心者の人にはどうしても窮屈で不自然になってしまい、上手くボールを飛ばすことが難しいです。

このページでは、そんな悩みを持っている方にぜひ参考にしてほしい、バスケットのシュートの飛距離を伸ばすために有効である方法を紹介していきます。

シュートフォームの見直し

まず第一に考えるのはシュートフォームを見直すことです。フォームに無駄な部分があると力が上手く伝わらずボールも上手く飛んでいきません。

しかし、綺麗なシュートフォームというものは確かに存在するのですが、正しいシュートフォームというのは人それぞれ違います。凄く個性的なフォームでも確率良く決めてくるシューターがいるのも確かです。

 

身体のバランスや筋力など個人個人に適しているシュートフォームがあるはずです。今のフォームが自分に合わないと感じるのであれば、しっくりくるようなフォームを求めて改善することが必要になってきます。

 

鏡を見ながらフォームの確認をしてみたり、スマホで動画を撮るなどして、たまに自分のシュートフォームを客観的に観察することで何か発見があるかもしれません。

特に初心者の方はシュートフォームが固まってしまう前に早めに自分に合ったフォームが見つかると上達も早いので意識してみてください。

膝を使う

シュートは上半身で打つのではなく、下半身で打つものです。

シュートがイマイチ飛ばないなと思ったら、いつもより膝を曲げて打つようにしてみましょう。普段よりも少しだけ屈伸を利用してシュートを打つようにするだけで格段にシュートの飛距離が変わってくるはずです。

 

ただ実戦ではそんなに深く膝を曲げていてはモーションが長くなってしまい、時間がかかってしまいます。慣れてきたら少し膝を使うだけで効率よくボールにまで力が伝わるような身体の使い方を心がけるように意識してみましょう。

正しい身体の使い方をすれば少し膝を曲げるだけでも大きな力をボールに伝えることが出来るようになります。

反復練習

反復練習をすることもシュートの飛距離を伸ばすのに非常に効果的な方法です。

自分に合ったフォームが固まってきたら、ひたすら反復練習に励みましょう。シュートを繰り返すうちに、どのように打てばシュートが飛ぶのか、ということが段々と身体で分かってきます。

 

ただ漫然と練習するのではなく一球、一球しっかりと考えながらシューティングをすることが重要です。

「こんなことを意識したら綺麗にボールが飛ぶようになった」「フォロースルーを残したときと残さなかったときの違い」などシューティングの中で様々なことに気づくことが出来ると思います。自分で気づいて、考えたことはとても貴重な財産になります。

筋トレ

シュートは筋力だけで打つのではないのですが、筋力があればそれだけ飛距離が伸びやすくなるのも事実です。

ベンチプレスで鍛えられる大胸筋や、アームカールで鍛えられる上腕二頭筋、その他にも背筋や腹筋などシュートの動作では多くの筋肉を使います。

 

ウェイトトレーニングを取り入れることで筋力がアップし、シュートの飛距離と精度の両方を磨くことが可能です。筋力を上げるのには時間がかかり、日ごろの積み重ねが大事ですが、バスケットをプレーする上でとても重要なので、ぜひ頑張ってみてほしいです。

まとめ

シュートの飛距離を伸ばすための方法について紹介してまいりました。

これらのことを意識しながらシュートを練習することで飛距離はおのずと伸びてくると思います。大事なのは自分で打ちやすいフォームを構築することです。

それには日ごろのシューティングを考えながらしっかりと行うことが非常に重要です。普段のシューティングから意識を少し変えてみるだけで、上達具合はかなり違ってくるはずです。

ここで紹介したことが少しでも参考になれば幸いです。