【司令塔】ポイントガードの役割や特徴について解説

スポンサーリンク
ルール・基礎知識

バスケのポジションのひとつである「ポイントガード」。

司令塔とも呼ばれるポイントガードはバスケの5つポジションの中でも非常に重要な役割を担っています。

初心者の方の中にはポイントガードがどのようなポジションなのかよく分からないと思っていることも多いのではないでしょうか。

このページではポイントガードについて、その役割や必要とされるスキルなどを紹介していきます。

ポイントガードの役割

上記でも述べた通りポイントガードは「司令塔」と呼ばれたり、「コート上の監督」と表現されることも多いポジションです。

そんなポイントガードの主な役割はボール運びとゲームメイクです。

バックコートからフロントコートまで相手にボールを取られずしっかりと安定したボール運びを求められるのがポイントガードです。バスケではディフェンスからオフェンスに切り替わる際にバックコートからフロントコートにボールを運ぶ必要があります。

そのボール運びの役割を担うのがポイントガードです。

ボール運びの際に相手にボールをカットされれば一気にゴールまで持っていかれ失点に繋がります。自軍のゴールに近いところでボールを奪われるというのは非常に危険です。そのため、安定した確実なボール運びというのは非常に重責を伴う役割となります。

 

もう一つのポイントガードの大きな役割がゲームメイクです。ゲームメイクというと少し抽象的な表現になってしまうのですが、もっと絞って具体的にいうとオフェンスの組み立てですね。

セットプレーをコールしたり、味方に指示を出したりするのはポイントガードの大切な仕事です。良いポイントガードがいるチームはプレーにまとまりがあり、ゲーム全体を通して大崩れしません。少し上手くいかない時間帯があっても、ポイントガードが上手く修正するんですよね。

ポイントガードに必要なスキル

さて、そんなポイントガードに必要とされるスキルにはどんなものがあるでしょうか。

思いつくものをザッと上げてみると、

・ドリブルキープ力、ボールハンドリング力
・視野の広さ
・リーダーシップ
他にも細かいものはたくさんあると思いますが、大まかにだとこんなところでしょうか。

ドリブルキープ力、ボールハンドリング力

上でも書いたとおり、ボール運びが最も重要なポイントガードの役割となります。バックコートでミスをする、ボールを失うことは即失点に繋がるので、相手にボールを取られないようなキープ力はポイントガードに最も必要とされるスキルとなります。

また、ポイントガードはチームの中でも最もボールに触れる機会が多いポジションです。そのため、ミスをしない為のボールハンドリング力が必須になります。

視野の広さ

ポイントガードに視野の広さが備わっていると強力な武器になります。

敵味方がどこにいるか、コート上がどのような状況になっているかを確認して、フリーの選手やチャンスを見逃さない能力があるポイントガードは非常に貴重な存在です。

視野を確保するにはドリブル中などのボールを扱っている中で、ボールだけに集中するのではなく、しっかりと顔を上げることが必要です。そのため、ハンドリングを強化することは視野が広くなることにも繋がってきます。

リーダーシップ

ポイントガードはコート上では監督となり味方の選手に指示を飛ばしたり、鼓舞しなければなりません。先頭に立って味方を引っ張るようなリーダーシップはチームのコーチとしてはポイントガードに最も求めている能力なのではないでしょうか。

ポイントガードに向いているのはどんな選手?

ポイントガードに向いているのはハンドリングに優れていて、率先してチームを引っ張るリーダーシップがある選手です。

もちろん得点力があるといいのは間違いないのですが、個人的には得点力よりもリーダーシップの方がポイントガードにおいては重要だと思っています。

得点は他のポジションの選手が取れば問題ないのですが、指示を飛ばしたりチームを引っ張るのは役割上ポイントガードであるのが好ましいです。

プレーでも精神面でもチームを引っ張ることができる資質を備えている選手がポイントガードにぴったりだと思います。

まとめ

ポイントガードというのはかなり難しいポジションです。

ただ「ドリブルが上手い」「ボール運びができる」というのと「ポイントガードが出来る」というのは全く違う問題です。ボール運びが出来るからといって、優秀なポイントガードになれるかというと、そうではありません。

ポイントガードには高いバスケIQとチームをマネジメントする力が必要とされます。近年のバスケットボールではオールラウンドに活躍できる選手が増加してポジションにあまりこだわらなくなっているような傾向が見られます。

しかしポイントガードは他のポジションに比べて専門性が高く、代えがききにくいです。それだけ難しいポイントガードですが、求められる役割が大きい分、上手く出来たときの満足感や快感はそれだけ大きくなります。

ポイントガードとして、目指している選手にはぜひその快感を味わえるように頑張っていただきたいです。