ピック&ロールとは何か?上手く決めるためのコツもあわせて解説!

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

バスケのオフェンスの戦術のひとつに「ピック&ロール」というプレーがあります。NBAやBリーグではもちろん、高校生や中学生の試合でも頻繁に行われているプレーがピック&ロールです。

初心者の中には「ピック&ロール」という言葉は聞いたことがあるが、内容についてはあまり詳しくは分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

このページではそんなピック&ロールとは何かに始まり、なぜピック&ロールは世界中で大人気なのか、ピック&ロールを上手くこなすコツについても解説していきます。

ピック&ロールとは

ピック&ロールとは先ほども書いたとおり、オフェンスの戦術の一つです。

まず、ボールを持っている選手に他の選手がスクリーンをかける。ボールマンはそのスクリーンを使い、ドリブルでゴールへ攻め込む。ディフェンスのずれが出来れば、そのままフィニッシュへ、スイッチなどの対応でスクリーナーがフリーになればダイブをして、そこへパスを出す。

様々なオプションプレーや臨機応変な対応などもあるのですが、基本としてはこのような流れで展開されます。

要は「ボールマンへスクリーンをかけて、ディフェンスのズレをつくろう!」って感じのプレーです。とてもシンプルながら強力なプレーです。

なぜピック&ロールは人気なのか

ピック&ロールはいまや世界中で大人気のプレーです。上のカテゴリーになればなるほど試合中に何度もピック&ロールを行っているのを目にします。世界はピック&ロールを中心に廻っているといっても過言ではないくらい、そこら中で行われているプレーなのです。

特にハーフコートのトップの高い位置で行われる「ハイピック」は世界のバスケ界で定番のプレーとなっています。

では、なぜピック&ロールはそこまで人気なのでしょうか。

シンプルで状況判断がしやすい

ピック&ロールが人気の理由の一つはシンプルなプレーだということです。

ピック&ロールは2人のプレーヤーの2対2で行われます。基本的に他の3人のオフェンスは広くスペースをとって外で待機しているだけです。2人でボールマンへのスクリーンプレーを行うだけというのはバスケの数あるオフェンス戦術の中でも非常にシンプルです。

シンプルであるということは状況判断がしやすいということに繋がります。単純なプレーであるほど、オフェンスは難しい判断をする必要が少なくなり、成功率が上がり、簡単なミスも減ります。

また、極端な話をするとピック&ロールは上手なガードプレイヤーとしっかりとスクリーンをかけることが出来るインサイドプレーヤーがいれば成立します。人材の確保が難しい中学や高校でも、数少ない上手い選手に任せることで得点チャンスを広げられるピック&ロールは非常に便利な戦術なのです。

インサイドにスペースを作りやすい

また、ピック&ロールはインサイドにスペースを作りやすいというのも人気の要因であると考えられます。スクリーナーであるビッグマンが一度インサイドのスペースを空けて外に飛び出すことで、中に十分なスペースが確保されます。

中にスペースを作ることが出来れば、センターがダイブをしたり、ガードがドライブで崩したりなど、その後の展開を作りやすくなります。

ピック&ロールはスクリーンプレーの後のオプションも多彩に展開することが出来る優れた戦術なのです。

少ない時間で決められる

そして一番大きいのが「時間がかからない」という点です。

ピック&ロールは一度、二度スクリーンを使ってガードが中にドライブインし、ヘルプを引きつけてから外にキックアウトするまでを含めても10秒あればプレーを作ることが出来ます。

このため、残り時間が少なくなったクォーター終盤やオフェンスリバウンドの獲得後などにコールしやすいのです。

ピック&ロールを上手く決めるコツ

ここからはそんなピック&ロールを上手く決めるためのコツについて解説していきたいと思います。人気のプレーであるが故に対戦相手もピック&ロールへのディフェンスの対処などはみっちりと練習してきているケースが多くあります。

そんな相手にも高確率でピック&ロールを成功させるために大切なことをいくつか上げていきます。

ディフェンスの対応をしっかりと見る

ピック&ロールに限らず、オフェンスを上手く成功させるためにはディフェンスの動きを把握しておくことが重要です。

スクリーンに対して、相手はスライドをしているのか、ファイトオーバーをしてきているのか、それともスイッチなのか、こういったことを瞬時に判断することがピック&ロールを成功させるためには必要不可欠なのです。

最初のスクリーンを雑に行わない

ピック&ロールが失敗しているケースを見たときによくあるのが最初のスクリーンをおざなりにしてしまっていることです。

「ただピック&ロールの形をつくる」ことだけに意識が集中してしまって一番大切なスクリーンプレーをおろそかにしてしまってはディフェンスのズレをつくることができません。

逆に言えばしっかりとスクリーンをかけることさえ出来れば、必ずズレが出来ます。ヘルプの対応などを考えるのはその後です。まずは2対2のスクリーンプレーをしっかりと成功させることを考えてピック&ロールを行うようにしましょう。

スペースを広くとる

狭いスペースでピック&ロールを行うとディフェンスが密集してしまい、ミスに繋がりやすいです。

そのためNBAなんかでも広いスペースを十分にとることができるハイピックが多用されています。ピック&ロールを行う際には他の選手とのスペーシングやフロアバランスを考えて行うようにすることが大切です。

まとめ

何度も言っていますが、ピック&ロールは現在世界で一番人気のあるオフェンスプレーです。それだけ効果的で強力なプレーなのです。

またピック&ロールは基本的なスクリーンプレーや状況判断の練習材料としても非常に優れています。ぜひ初心者の方にもしっかりと基本を押さえて練習をしてもらいたいプレーです。