【初心者必見】レイアップシュートを落とさないための4つのコツ

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

バスケットで最も簡単なシュートと言われているのが「レイアップシュート」です。

基本中の基本であり、バスケをプレーするのであれば習得必須な技術でもあります。

しかし、簡単とは言っても慣れない初心者の方の中には中々上達しないという人も多いのではないでしょうか。

このページでは、そんなレイアップシュートを正確に決めることができるように上達するためのポイントについて紹介していきます。

まずはステップから覚える

初心者の方に最初に習得してもらいたいのがステップです。

レイアップは基本的に右手で打つのであれば「右足、左足」の順に、左手の場合は「左足、右足」の順にステップを踏んでジャンプし、シュートを打ちます。

まずはこれを徹底的に練習することをオススメします。一見、簡単そうに見えるのですが初心者の方には毎回ボールキャッチにタイミングを合わせるのはなかなか難しいです。

ドリブルやパスからレイアップに移行するときに毎回安定して同じようにステップを踏めるように練習すると、レイアップシュート自体も速く上手くなると思います。

シュートを打とうとしない

レイアップの1番のコツは「打とうとしない」ことです。他のシュートと同じように「シュートを打つ」という意識で行ってしまうと失敗しやすいです。

漫画『スラムダンク』では「置いてくる」という表現を使っていましたが、これはかなり的確な言い回しだと思います。レイアップでは「打つ」のではなく「置く」という感覚が重要です。

あくまでも個人的なイメージになってしまうのですが、「打つ」だとボールを腕を使って放り投げるような動作になってしまいます。レイアップではボールを投げるように放ってしまうとコントロールするのが大変難しいです。

腕は伸ばした状態でジャンプで身体が浮き上がる力を利用して、勝手にボールが手から離れていくという感覚の方がレイアップは上手くいくと思います。

大事なのは腕を真っ直ぐ伸ばすことです。腕を振ってボールを飛ばそうとしないことが安定してレイアップシュートを決めるコツになります。

フィニッシュはボードにちょこんと当てるだけ

先ほどの内容と少し被ってしまうかもしれませんが、レイアップのフィニッシュは「ちょこんとボードに当てるだけ」で十分です。

あまり力を入れすぎてしまうとボードに大きく跳ねてしまって入りません。初心者の方に多く見受けられる失敗するパターンがコレです。

レイアップではほとんどの場合、走ってきた勢いそのままに前にジャンプすることになるので、他のシュートと同じように打ってしまうと大抵強く飛びすぎてしまいます。

特に初心者の方は自分でも「弱すぎかな」と思うくらいそっと打ってみた方がちょうどいいと思います。

リングに近づきすぎない

自分とリングの距離をしっかりと把握しておくとレイアップは打ちやすいです。「近づこう、近づこう」と考えすぎていると、いつの間にかゴールの真下に行ってしまって逆にシュートが打ちづらくなってしまいます。

最初のステップに入るときにどれくらいの距離だと打ちやすいのかを毎回考えるようにしてみてください。一歩目をどの辺りから踏めばちょうどいい距離でレイアップに持っていけるのかというのが段々と分かってくると思います。

まとめ

レイアップはポイントを押さえて練習すれば必ず上手くなります。

実際のゲームでもかなり使用頻度の高いシュートですので、早めにマスターしてしまいましょう。

最初は利き手側で練習をして、ある程度入るようになったら逆の手でも同じように打てるように練習しましょう。実戦ではどちらの手でも打てたほうが圧倒的に便利です。

レイアップが安定して入るようになれば速攻の場面などで得点できるチャンスが格段に増えます。しっかりと練習すれば誰でも出来るようになるので、初心者で上手くいかないと悩んでいる方も反復練習がんばってみてください。