ジャンプシュートの基本的な打ち方とコツを解説する

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

バスケットボールをプレーする上で避けては通れないのがジャンプシュートです。

どんなプレースタイルであろうと、どこのポジションを担っていようと必ず打つシュートではないでしょうか。ジャンプシュートが上手い選手は相手からすると非常に止めにくい厄介な選手になります。

逆に言うとジャンプシュートが下手な選手というのは得点パターンが少なく、ディフェンスからしても怖くない、守りやすい選手なのです。バスケをやるのなら安定して決めれるようにしたいのがジャンプシュートです。

今回はそんなジャンプシュートについて基本的な打ち方やコツなどを紹介していきます。

ジャンプシュートの基本的な打ち方

まずは基本的なジャンプシュートの打ち方なのですが、言ってしまえば「ジャンプをしてシュートを打つ」だけです。数あるシュートの種類の中でもスタンダードでとてもシンプルなのがジャンプシュートです。

ジャンプシュートとよく混同しがちなのが「セットシュート」です。

セットシュートは「ジャンピングシュート」と呼ばれることもあるのですが、ボールをシュートの位置に構えて跳ぶと同時にリリースします。

一方、ジャンプシュートは跳んでいる最中の高い位置でボールをリリースします。これはよく間違えて覚えている人もいるので違いをしっかりと記憶しておきましょう。

 

ジャンプシュートはドライブからストップしてのジャンプシュートや味方からのパスを受けてそのままジャンプシュートに行くなど、シチュエーションによって打ち方は若干異なりますが、基本的には同じ打ち方だと考えて良いと思います。

 

では、ここからはジャンプシュートのコツ、打つときに意識したいポイントについて説明していきます。

しっかりとストップする

ジャンプシュートにおいて、まず重要なのがストップです。

バスケットでは「止まる」という動作も非常に大切な技術なのです。ストップが出来ないと身体が流れてしまい、シュートしたボールもコントロールが難しくなってしまいます。

このストップは日常生活や他のスポーツではあまり使うことのないバスケット独特の動作だと思うので、慣れていない人にはなかなか難しいかもしれません。「止まるだけでしょ」と思うかもしれませんが、実はバスケではかなり大切な技術なのです。

 

ボールを自分が持って止まっている状態からのジャンプシュートからなら良いのですが、ドリブルからやパスを受けた流れからのジャンプシュートだとストップがしっかりできていないと良いジャンプシュートを打つことは出来ません。

 

しっかりとストップするのに大切なのが姿勢です。少し腰を落としてパワーポジションを取ることで、スムーズで力強いストップをすることが出来ます。この姿勢が取れているとボールをキャッチしてからジャンプシュートへの移行もスムーズに行うことが出来ます。

ジャンプの最高到達点で打つ

ジャンプシュートでは当然のごとくジャンプをしながら打つのですが、ジャンプ中のいつ打つかというのも意識したいポイントです。

ジャンプしていると一番高いところで一瞬止まるような場所があると思います。ジャンプシュートはその少し止まる高い位置で打つように意識しましょう。そこが一番打ちやすい場所のはずです。

何度も反復練習をして、ジャンプシュートを打ちやすいタイミングを掴めると、グッとシュートが安定します。

利き手の足を半歩前に出す

どんなシュートでもそうなのですが、利き手側、シュートを打つほうの足を半歩前に出すようなスタンスを意識しましょう。

どちらの足も平行に揃っているとシュートの体勢が不恰好で、ふらふらと安定しません。

パスキャッチをしたとき、ドリブルから止まったときに自然とこのスタンスになっているぐらいに普段から意識して練習するように心がけてみてください。

まとめ

漫画『あひるの空』の中でも「ジャンプシュートを見ればどれだけの実力かが分かる」というような描写がありましたが、私の経験としてもバスケが上手い人というのは例外なく、ジャンプシュートが上手いです。

 

特にワンドリブルついてからクイックでジャンプシュートが上手いと得点が取れないときに頼ることが出来る大きな武器にもなります。

ジャンプシュートを身につけて得点を量産してみてください。