ゴール下で便利!フックシュートが上手くなる2つのコツと具体的な練習方法

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

ゴール下での決定力を高めるために非常に有効なシュートが「フックシュート」です。

自分より大きい相手と競り合っている中でもブロックを回避することが出来るので、身に着けると非常に便利な技術。センターなどのインサイドプレーヤーはもちろんのこと、アウトサイドの選手も身に着けておいて損はありません。

このページではそんなフックシュートについて、上達するためのコツやオススメの練習法方などもあわせて紹介していきます。

フックシュートの打ち方

最初にフックシュートの打ち方からです。

まず、ディフェンスに対して身体を直角に横向きの体勢になります。

そしてディフェンス側と逆の手を真っ直ぐに上に伸ばして片手でスナップを利かせてシュートを放ちます。シュートを打っていない方の手はブロックを防ぐために一緒に振り上げるとベターです。

フックシュートは片手で打つ必要があるため、初心者の方には難易度が高い技術です。また、身体の向きがどこを向いていても打てるように左右両方を練習しておかないといけません。

 

ここからは、そんなフックシュートを打つときに大切なコツについて紹介していきます。

フックシュートのコツ

①身体から真っ直ぐ上に伸ばす

フックシュートを打つにあたって意識してほしいのが身体からボールを離しすぎないことです。顔の横辺りから垂直に上にボールを上げるようなイメージでシュートを打つようにしましょう。

ボールの位置を身体の横にしすぎると、コントロールするのが難しくなるばかりでなく、周りのディフェンスから奪われる危険性も増します。

②手首のスナップをきかせる

もうひとつ大切なポイントとしてはスナップでシュートをコントロールすることです。腕の振りでボールを飛ばそうとするのではなく、なるべく手首のスナップでボールを飛ばすように意識してみましょう。

腕の振りを頼りにしてしまうと、動きが大きくなってしまいシュートが中々安定しません。少しのブレで大きく狙いが外れてしまいます。

その点、手首のみでシュートを打つことを意識することで、練習しないと飛距離は伸びませんが、シュートのコントロールという点では非常に安定感を増します。試合中の混戦状態の中では安定感のあるスナップでフックシュートを打つことが大切になってくると思います。

フックシュートの練習方法

フックシュートの練習方法としてオススメしたいのが「マイカンドリル」です。

この動画のようにフックシュートとバックシュートを交互に繰り返すシュートドリルです。NBAのジョージ・マイカンという選手が名前の由来となっている練習方法です。有名なドリルなのでもしかしたら部活などでやったことがあるという人も多いかもしれません。

 

この練習がオススメな理由としては左右のシュートを効率よく練習できるところと、ステップや指先の感覚も同時に鍛えることが出来るところです。

大切なポイントはリズムよく行うことと、ステップを意識することです。しっかりとどちらの足で踏み切っているかを自分で意識しながらシュートを打つようにすると上達が早いです。

最初は10本インなどから始めて、慣れてきたら「20本連続で入れる」など徐々に目標のハードルを上げて練習に取り組むと良いと思います。

これずっとやってると目が回ってクラクラするので気をつけましょう。

まとめ

フックシュートは身体の小さな選手でもゴール下で闘うことができるようになる技術です。

小さめのセンター陣などにはぜひ積極的に身に着けてもらいたいシュートの一つです。もちろんセンターだけでなく、ガードやフォワードの選手もフックシュートを打つことが出来れば、より得点パターンを広げることが出来ます。

フックシュートを練習して実戦で試してみてください!