華麗にブロックをかわそう!フェイダウェイシュートを上達させるための3つのコツ

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

フェイダウェイシュートというシュートの打ち方を知っているでしょうか。

後ろに跳びながらシュートをするアレです。スラムダンクなんかにも登場したので、バスケには詳しくなくても名前は聞いたことあるという方も多いのではないでしょうか。

 

フェイダウェイは少し初心者の方には難しい技術なのですが、上手くものに出来れば非常に実践的でゲームでもバリバリ使うことが出来る便利なシュートです。

このページではフェイダウェイシュートを上達させるためのポイントについて紹介していきます。初心者の方でも少し意識するだけでフェイダウェイが打ちやすくなると思います。

フェイダウェイシュートとは?

まず最初にフェイダウェイシュートとはなんぞや、という人のために少しだけ説明をしておきます。

フェイダウェイシュートとはジャンプシュートを打つときに後ろにジャンプしながら打つシュートのことです。

後方に飛ぶことでディフェンスにブロックをされにくい状況を作り出すことが出来ます。自分より大きい選手が相手の場合やディフェンスとの距離が近いときに非常に便利な技術なのですが、後ろにジャンプする分、シュートのコントロールも難しくなるという難易度の高いシュートです。

フェイダウェイシュートのコツ

では、ここからはそんな難しいフェイダウェイシュートを打つときのコツについて説明していきます。ちょっとしたポイントを意識するだけで上達のスピードが格段に早くなります。

後ろに跳びすぎない

いきなりフェイダウェイの根本を否定しているようになってしまったのですが、勘違いをしてもらってはいけないので、最初に説明しておきます。

フェイダウェイは「後ろには跳びます」、ただ「跳びすぎない」ように気をつけることが大事です。

 

フェイダウェイというと後ろに跳ぶというイメージが強いせいか、後ろに跳びすぎている選手を良く見かける気がします。実際に目の前のディフェンスのブロックを避けるという目的ならば、それほど後ろに跳ばなくてもいいケースがほとんどです。

どれだけ上手い選手でも後ろにジャンプしすぎてはフェイダウェイの成功率というのは落ちます。まずは自分が後ろに跳びすぎていないかを動画などに撮って確認してみましょう。

身体の芯を真っ直ぐに保つ

特に初心者の方に多いのですが、フェイダウェイを打とうとすると身体が後ろにのけ反ってしまっているときがあります。これではシュートが安定しません。

フェイダウェイは「後ろに跳ぶ」シュートであって、「後ろにのけ反る」わけではありません。上手い人のシュートを見ているとしっかりと身体の芯を真っ直ぐに保ったままフェイダウェイを打っています。

 

フェイダウェイを打つ際に全身が真っ直ぐになっているかどうかを意識しながら練習するように心がけてください。

普通のシュートと同じように打つ

フェイダウェイは確かに難しい技術ではありませんが、結局のところ普通のシュートを後ろに跳びながら打っているだけに過ぎません。こうやってシンプルに考えると簡単な感じがしますよね。

なので基本はいつものシュートと同じように打てばいいのです。ただそれだと後ろにジャンプしている分、飛距離が足りないので少し遠めに打つように意識しましょう。

 

「普通のシュートを少し後ろに跳びながら、少し遠めに打つ」これを反復して練習すれば、あなたもそのうちノヴィツキー。

まとめ

フェイダウェイシュートはどのポジションの選手が覚えても非常に使い勝手のいい、便利なシュートです。NBAのダーク・ノヴィツキーなんかはあの身長でフェイダウェイを高確率でバンバン決めてくるので手のつけようがありませんでした。

フェイダウェイを身に着けてブロックをかわし、華麗にシュートを決めましょう!