ドライブでディフェンスを抜くために意識したいコツを紹介!

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

ドライブとは相手をドリブルで抜くことを指します。

プロの選手の試合を見ているとズバっと綺麗にディフェンスを抜いていて、非常に格好良いのですが、いざ自分もやってみるとなかなか上手くいかないということが良くあると思います。

このページではドライブで相手を抜くためのコツや意識しておきたいポイントについて紹介していきます。

常にシュートを狙う

ディフェンスにとって最も怖いアクションはシュートです。シュートを狙っているということをディフェンスに見せつけることはオフェンスをする上で非常に重要になります。

どんなにドライブの速い選手でもディフェンスが距離を取っていると中々抜くことが出来ません。

常にシュートを狙う姿勢を持つことでディフェンスをギリギリまで引きつけることが出来るのです。

シュートを警戒したディフェンスはオフェンスとの間合いを詰めざるを得なくなり、結果としてドライブで抜きやすくなります。

 

常にシュートという選択肢を持っておくことはオフェンスにおいて非常に重要です。

ゲーム中にディフェンスが間合いを空けているようであれば「そんなに離してると打っちゃうよ」といった感じでシュートを打ってしまいましょう。

シュートが決まっても決まらなくても次に同じシチュエーションになった時にディフェンスは間合いを詰めてくるはずです。そこでチャンスと見たらドライブを仕掛けるようにしましょう。

ドライブばかりを狙っているよりも格段にディフェンスを抜きやすくなるはずです。

ゴールまでの最短距離のコースで抜く

ドライブをする際のコースも意識しましょう。ディフェンスのすぐ真横を抜くのが理想です。

大回りをしてしまうとフィニッシュまで行きづらくなってしまいますし、距離が伸びる分、ディフェンスが追いつきやすいです。

出来るだけディフェンスの近くを真っ直ぐ抜くと、ディフェンスも一度抜かれたら簡単に追いつくことは出来ません。

 

最短距離を抜くときにはドライブの際にディフェンス側の型を入れるようにし、身体を横向きにすることを意識してみてください。こうすることによって、簡単にボールを取られませんし、接触しても当たり負けすることが減ります。

最初の一歩を大きく

ドライブで抜くことが出来るかどうかは、その一歩目でほとんどが決まるといっても良いでしょう。その一歩目を大きく素早く出すことがとても重要です。

一歩目を小さく出してしまうと、ディフェンスが簡単に反応できてしまいます。

一歩の幅を大きく出すためには腰を落として重心が下がった姿勢を取ることが必要になってきます。腰が浮いた高い姿勢のままでは力強く大きな一歩を踏み出すことが出来ません。

 

パワーポジションとも呼ばれるこの姿勢は、オフェンスだけでなく、ディフェンスなどの基本姿勢にもなるのでバスケをプレーするならば自然と構えることが出来るようになっておきたいところです。

ミートでずらす

これまではボールを持った後の部分でのポイントを紹介してきましたが、ボールをもらうときのキャッチの仕方にも工夫をすることで、ディフェンスを抜きやすくなります。

「ボールミート」という言葉をご存知でしょうか。簡単にいうとパスをキャッチするときの動作のことです。ただパスをキャッチするのではなく、来たボールに向かってジャンプしながらボールをもらうことによってディフェンスとの間にズレを作ることが出来ます。

 

ズレを作ることができれば、そのまま空いている方向にドライブを仕掛けることで真正面に正対しているときよりも相手を抜きやすくなります。

また、相手が焦ってついてきたときには、空いているほうへフェイクをかけて逆へドライブをするというのも非常に効果的です。

このようにボールミート時にディフェンスとの間に少しのズレを作ることでオフェンスは格段に攻めやすくなるのです。バスケットではこのように、ボールを持っていないときの動きも非常に重要なので覚えておきましょう。実際にバスケのプレー中はボールを持っていない時間の方が長いですしね。

まとめ

ドライブでディフェンスを抜くために意識しておきたいポイントを紹介してきました。

まず、ボールを持ったらシュートを狙うことが一番重要です。ディフェンスに様々な選択肢を考えさせることでドライブの成功率は大きくアップします。

ドライブでディフェンスを綺麗に抜くことが出来ると非常に気持ちがいいです。ぜひ上記のことを参考にしてもらい、あの快感を多くの人に味わっていただきたいです。