Bリーグ選手の年俸はどれくらい?気になる給料事情は

スポンサーリンク
Bリーグ

日本では野球選手やサッカーのトップ選手の年俸が高いことは有名であると思います。

アメリカの最高峰リーグであるNBA選手の給料がとんでもない額だということも多くの人が知っているかと思いますが、バスケの日本のプロはどれくらいの年俸をもらっているのでしょうか。

このページではそんなバスケの日本のトップリーグであるBリーグの選手の年俸について紹介していきます。

最低年俸は300万円

Bリーグでは最低年俸が定められています。

B1(1部)で300万円、B2(2部)で240万円です。プロ野球の1軍の最低年俸が1500万円のようなので、さすがに野球よりはかなり低く設定されていますね。

B1最低年俸の300万円は一般的な新卒の平均年収より少し多いくらいでしょうか。

また、新人の年俸上限額もJリーグと同じ460万円と規定されています。

基本的にはこの年俸に試合の成績や勝利回数などによってインセンティブがプラスされてお給料となるようです。人気選手になるとスポンサー料も増えてくるでしょう。

Bリーグ選手の年俸はどれくらい?

では、Bリーグの選手の年俸はいったいいくらぐらいなのでしょうか。

選手一人一人の年俸というのは公表されていないのですが平均年俸は1100万円ほどらしいです。

これを高いと思うか低いと思うかは個人の考え方や価値観によって異なると思いますが、現役でいられる寿命の短いスポーツ選手の年俸としては少し厳しい数字かなと個人的には思ってしまいますね。

 

野球漫画のグラゼニを読んでいても思うのですが、スポーツ選手は若くて身体が動けるうちに稼いでおかないといけないですからね。解説者や指導者として引退後にも第一線で活躍できるのは一握りだけですので、そう考えるともう少し選手の平均年俸が上がっていかなければ、バスケのプロを目指そうとする若い子どもも増えてこないのかなと。

 

所属チームと契約した年俸だけではなく、スポンサー料や勝利や成績によるインセンティブなどを考慮するともう少し多くなってくるかもしれません。

最高年俸はどれくらい?

正確な数字はわからないですが、一説によると5000~6000万円がBリーグでの最高年俸ではないかと言われています。

外国人のトップ選手や元NBAプレイヤーである栃木の田臥選手が最高額ではないかと噂されています。

 

以前スポーツ番組で見たのですが、Bリーグとしては今後数年間のうちに1億円プレイヤーを出すことがリーグとしても、日本バスケ界としても発展に繋がるとおっしゃっていました。

そのためにはBリーグの認知度、魅力を広めていき、集客を増やしていくことが第一ですね。昔よりはだいぶ盛り上がってきているのは感じるものの、アメリカやヨーロッパに比べるとプロスポーツとしてまだまだ発展途上です。

NBA選手の年俸

さて、対してアメリカのNBA選手の給料事情はどうなっているのでしょうか。

トップのスター選手であるウォリアーズのステフィン・カリーの年俸が約40億円とのことです。とんでもない数字ですね。ここまで来るとどうやって使えばいいかもわからない額です。現在のNBAの最高年俸がこれくらいということです。

トップ選手の最高年俸にも驚きますが、平均でも7億円を超えています。大国アメリカの人気スポーツなだけありますね。

まとめ

選手個人の詳細な年俸が開示されているわけではないので、推測の域は出ませんが、大体こんなものだろうなとは思っています。

私が子どもの時のバスケのプロ選手よりはおそらく平均的に上がっているのではないかと感じています。

いつか日本でも、NBAまでとは言いませんが野球やJリーグに負けず劣らずの年俸水準に近づけるようになるといいですね。単純に給料が高くなることで、プロを目指す子ども達が増えて日本バスケが発展してくれるのを望んでいます。

スポーツの目的はもちろんお金だけではないのですが、生活をする上で欠かすことが出来ないのもお金なわけなので、選手達が余裕を持って集中して競技に打ち込めるだけの環境が整ってくればいいなと思っております。