バスケのヴァイオレーションは何種類?初心者にもわかりやすく解説する

スポンサーリンク
ルール・基礎知識

バスケットボールのルール違反、反則は「ファウル」と「ヴァイオレーション」の大きく2つに分けられます。身体的接触を伴う「ファウル」と、それ以外の反則である「ヴァイオレーション」。

ルールをしっかりと把握しておくことで有利に試合運びが出来たり、試合観戦がより一層楽しくなります。

このページではそんなヴァイオレーションには、どんな種類があるのかを説明していきます。

 

ファウルについてはこちらの記事をご覧ください。

【初心者必見】バスケのファウルの種類について解説
バスケの反則は大きく「ファウル」と「ヴァイオレーション」の2つに分けることが出来ます。 相手を押してしまったり、手を叩いてしまったりなどの身体的接触やスポーツマンらしくない行いによるルール違反をファウル。「トラベリング」や「ダブルドリブル...

ヴァイオレーションとは

上でも説明しましたが、バスケットボールでは身体的な接触やスポーツマンらしくない行いによる反則である「ファウル」以外の禁止行為を「ヴァイオレーション」と呼びます。

ヴァイオレーションにはいくつもの種類があり、そのほとんどがボールを保持しているオフェンス側に適用されるものです。

ヴァイオレーションを犯すとボールの所有権が相手チームに移動し、相手ボールのスローインからゲームが再開されます。

バスケではこのヴァイオレーションに気をつけながらプレーをしなくてはなりません。

では、ヴァイオレーションにはどんな種類があるのか説明していきましょう。

ヴァイオレーションの種類

トラベリング

おそらくバスケの中で最も有名な反則。ボールを持ったまま3歩以上歩いてしまうことをトラベリングといいます。最近「ゼロステップ」という新ルールが適用されて昔より判断基準が難しくなりました。

バスケでは「ピボット」といって軸足を動かさずにステップを踏めばトラベリングになりません。ちなみにハンドボールではピボットも一歩と捉えられてしまいますので注意しましょう。

ダブルドリブル

ドリブルを止めてボールを持ったあとに、もう一度ドリブルをしてしまうとダブルドリブルという反則になります。

そのため一度ドリブルを始めたオフェンスプレーヤーは不用意にドリブルを止めないように気をつけることが必要です。ボールを持った瞬間にドリブルという選択肢が消えてしまうので、ディフェンスにとってはラッキー。

シュートやパスがすぐに出来るという状況でドリブルを止めるように心がけましょう。

アウトオブバウンズ

ボール及びボールを持ったプレーヤーがコートの外に出てしまうとアウトオブバウンズになります。

最後にボールを触ったチームでない側のスローインでゲームが再開されます。完全に外に出てはいなくても、ラインを踏んでいればアウトオブバウンズとなります。

空中に浮いている間はセーフなのでボールが床に着くまでにコートの中にボールを戻すことが出来れば、そのままゲームは続行されます。

キックボール

ボールを蹴ってしまう反則です。「キッキング」と言ったりもします。

故意でなくても足に当たった場合はキックボールとなりますが、審判に故意で悪質と判断された場合はテクニカルファウルをとられる場合もあります。

バックコートヴァイオレーション

一度フロントコートに入ったボールをバックコートに戻してしまうヴァイオレーションです。

日常的には「バックパス」と呼ばれています。

バックコートヴァイオレーションについては細かいルール変更があり、少しややこしい部分もあるのでしっかりと様々なシチュエーションの確認をしておくことが必要です。

ゴールテンディング

シュート後に最高到達点を過ぎたあと、リングに当たるまでにボールを触ってしまう行為をゴールテンディングといいます。

敵味方問わずゴールテンディングが適用されますが、ディフェンスが触った場合にはシュートが入ったとみなされて得点がカウントされます。

オフェンスの場合はディフェンス側からのスローインで再開です。

3秒ルール

オフェンスがゴール付近の長方形のエリア(昔は台形だった)に3秒以上とどまってしまうと3秒ヴァイオレーションとなり相手ボールになってしまいます。

5秒ルール

・スローインで審判からボールを渡されてから5秒間パスが出せない

・オフェンスがディフェンスにプレッシャーをかけられたまま5秒間ボールを持ったまま

・フリースローで審判からボールを渡されてから5秒間シュートを打たない

以上の全てで5秒ルールとなり、ヴァイオレーションとなってしまいます。

8秒ルール

オフェンスは8秒以内にボールをフロントコートまで運べなければ8秒ヴァイオレーションとなり、相手ボールになってしまいます。

24秒ルール

オフェンスは24秒以内にシュートを打たなければいけません。

ボールがリングに当たる、フロントコートでファウルをもらう、などの場合に14秒までカウントがリセットされます。

インターフェア

シュート後のボールがリングに当たる前にボードやリング、ネットに触れたときにこの反則が適用されます。あまり日本の試合では見かけることがない、レアなヴァイオレーションです。

まとめ

バスケットはこれらの多くのルールの網をかいくぐりながらプレーをしなければなりません。

ヴァイオレーションの種類や細かいルールを知っているだけでプレーにも観戦にも活かすことが出来ます。ルールをしっかりと理解してバスケットをより楽しめるようにしましょう。