バスケ初心者がシュート力をアップさせるために効果的な練習方法

スポンサーリンク
スキル・トレーニング

バスケで一番楽しいのはシュートを入れたときです。アシストや良いディフェンスをしたときも楽しいことは間違いないのですが、やっぱり一番は自分で得点を決めたときでしょう。

しかし、初心者の方にとって一番難しいのもまたシュートなのです。私もバスケを始めたばかりの小学生の時にはシュートが入らなくて非常に苦労しました。

 

このページでは私の経験を踏まえたうえで、初心者の方にぜひ実践してもらいたいシュートの練習方法について紹介していきます。

下半身の重要性を理解する

シュートは腕で放っているものというイメージを持っている初心者の方も多いかと思いますが、バスケのシュートは全身の連動によって生み出されています。

足で溜めた力を上手く上半身に伝えながら最後に手でシュートを放つ。この一連の動作を安定して行うためには下半身の働きが非常に重要なのです。下半身でしっかりとパワーを溜め、その力がスムーズに伝われば、腕力や筋力がなくても十分な飛距離を生み出すことが出来ます。

 

逆に上半身だけでシュートを打とうとすると、無理やり力を出そうとしてしまい、不自然で不細工なフォームになってしまいます。バスケ初心者の方がシュートを打つときによく、このように腕で打ってしまう人がいるので、初心者の方は下半身でシュートを打つイメージを持って練習するようにしましょう。

 

コツとしては膝がつま先より前に出ないように曲げ、真っ直ぐ上にジャンプすることです。膝が出てしまうと力が逃げてしまい、真っ直ぐ跳ぶことが出来ないうえにケガの原因にも繋がります。こういったスクワットの途中のような姿勢はオフェンスやディフェンスの基本姿勢にもなりますので、バスケをするのならば早めに身につけておきたい姿勢です。

ゴール付近のシュートを反復する

スリーポイントシュートってかっこいいですよね。遠距離から綺麗な放物線を描いて、シュパっとネットを揺らす。プロやNBAの試合を見ていてもスリーポイントシュートが入ると盛り上がるし、感動することもあります。3点も入るし。

 

ただ、スリーポイントシュートを入れれるようになりたいと思っても初心者の方がいきなり遠い位置からシュート練習をするのは避けたほうが良いです。始めはなるべく近い位置からシュート練習をするように心がけましょう。

シュートフォームが固まらないうちに遠くからシュートを打とうとすると、どうしても力任せに飛ばそうとしてしまい不恰好なフォームになりがちです。それではいつまで経ってもシュートが上手くなりません。ゴール下のシュートで綺麗な安定するフォームを確立することが、アウトサイドのシュートの上達への近道です。

 

NBAのようなトップのプレーヤーの中にも、その日の練習の始めにはゴール下のシュートを数十分間も淡々と打ち続けるという選手も存在します。それくらい基本というのは大事なのです。

 

ゴールしたで安定してシュートが打てるようになったら、徐々に距離を伸ばしていきましょう。それがシュート上達への一番の近道といえます。

1球1球考えながら打つ

シュートは反復練習が大切です。センスも勿論ありますが、練習量がそのままシュート力に直結しているといってもいいくらい、練習すれば上手くなるし、練習しなければ上手くなりません。

 

しかし、ただ闇雲にシュートを打っているだけでは早い上達は見込めません。何も考えずに反復していてもある程度の上達はしますが、劇的に上手くなるということはないでしょう。

 

重要なのは考えながらシューティングをすることです。特に初心者の方はこれは超重要です。

 

一球打つごとに「なぜ今のシュートは外れたのか」「なぜ右にずれてしまったのか」「入っているときの打ち方と何が違ったか」といったことを考えるクセをつけましょう。そうすることで、どういった打ち方をしたときにシュートが入るのか、といったことが少しずつ分かるようになってきます。

 

最初は「たまたま入ったシュート」だったのが「狙って入れたシュート」になる感覚を手に入れるには考えながらシューティングをすることがとても重要なのです。

まとめ

①下半身を意識する

②ゴール下のシュートから練習する

③考えながらシューティング

今回紹介したこれらのことを意識して練習することで、少しずつシュート力は上がっていくと思います。大切なのは「考えながら反復」すること。これはシュートだけではなく、何事にも共通すると思います。しっかりと練習して、ゲームでシュートを決める快感を味わいましょう!