バスケのポジションについて解説!役割や代表的な選手は?

スポンサーリンク
ルール・基礎知識

野球にピッチャーやキャッチャーがいるように、サッカーにフォワードやミッドフィルダーが存在するように、複数の人数で行う球技にはポジションという役割があります。

バスケットボールにももちろんポジションが存在し、各選手にそれぞれ役割や特徴があります。

このページではそんなバスケットボールのポジションにはどのようなものがあるのか。その役割や特徴はどういったものなのか、といったことを説明していきます。

バスケットのポジションは大きく分けて5つ

一般的にバスケットボールのポジションは5つに分けて考えることが多いです。選手の適正などによって例外もありますが、小さな選手が担うことの多いポジションから

①ポイントガード
②シューティングガード
③スモールフォワード
④パワーフォワード
⑤センター
このように呼ばれます。
俗称的にポイントガードから順番に「1番」「2番」「3番」「4番」「5番」といったように呼称されることも多いです。
ではこの5つのポジションの役割はどういったものなのでしょうか。ポジションによって期待される役割、特徴やそれぞれのポジションの代表的な選手はどのような人がいるのかも含めてみていきましょう。

1番:ポイントガード(PG)

ポイントガードはチームの司令塔的な存在です。

バックコートからフロントコートまでのボール運びやオフェンスを組み立てるゲームメイクをするのが大きな役割です。他の選手に指示を積極的に出すことも多いため「コート上の監督」と言われることもあります。

身長の低い人やドリブルやパスの能力が高い人がポイントガードのポジションについていることが多い傾向にあります。ポイントガードにはドリブルのキープ力や、冷静な判断力、味方を引っ張るリーダーシップなどの能力が求められます。

 

ポイントガードについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【司令塔】ポイントガードの役割や特徴について解説
バスケのポジションのひとつである「ポイントガード」。 司令塔とも呼ばれるポイントガードはバスケの5つポジションの中でも非常に重要な役割を担っています。 初心者の方の中にはポイントガードがどのようなポジションなのかよく分からないと...

ポイントガードの代表的な選手

NBAではスティーブ・ナッシュやマジックジョンソンなどがポイントガードの代表的な選手です。

日本人で最初のNBAプレーヤーとなった田臥勇太選手や千葉ジェッツの富樫勇樹選手、女子日本代表の吉田亜沙美選手。

漫画「スラムダンク」では宮城リョータ、山王の深津なんかがポイントガードです。

2番:シューティングガード(SG)

シューティングガードはポイントガードの補助的な役割に加えて得点能力も求められます。スリーポイントシュートなどのアウトサイドのシュートが得意な選手が多いです。

ポイントガードが一人でボールを運ぶことが困難な状況、たとえば相手ディフェンスがプレスを仕掛けてきている場面ではボール運びを手伝わなければいけません。

そのため、得点能力とボールキープ力のどちらもシューティングガードに必要な能力です。

シューティングガードの代表的な選手

マイケルジョーダンやコービーブライアントが代表的な選手です。どちらも秀でた得点能力でNBA史上に名を刻んだレジェンド。

華がある選手が多いのもこのポジションの特徴といえるかもしれません。

スラムダンクでは「炎の男」三井寿や海南の神。どちらもスリーポイントを得意とした典型的なシューティングガードでした。

3番:スモールフォワード(SF)

スモールフォワードはいうなれば点取り屋です。アウトサイド、インサイド問わず果敢にゴールを狙う姿勢が求められます。ドライブやスリーポイントシュート、場合によってはポストプレーを駆使して得点を量産する選手が多いです。

またディフェンスでは相手のスモールフォワードをマークしなければいけないケースが多いため、相手の3番の得点を封じる1対1のディフェンス能力も必要不可欠です。

スモールフォワードの代表的な選手

スモールフォワードの代表的な選手といえば「キング」レブロン・ジェームス。圧倒的な身体能力を活かしたパワフルなプレーで相手ディフェンスから得点をもぎとります。

スラムダンクでは流川が代表格。こちらも点取り屋ですね。

4番:パワーフォワード(PF)

残る2つのポジションはパワーフォワードとセンター。どちらもインサイド寄りのポジションとなります。リバウンドやポストプレーなど身体を張ったコンタクトプレーでチームを支えるポジションです。

パワーフォワードはセンターと比べて、状況にあわせて柔軟にアウトサイドにも出られる能力が必要です。ミドルレンジのジャンプシュートはもちろんのこと、最近の4番ポジションの選手はスリーポイントを打てることもほとんどです。

パワーフォワードの代表的な選手

デニス・ロッドマンやティム・ダンカンなどが代表的。どちらもインサイドで圧倒的な存在感を誇っていました。

またヨーロッパにはダーク・ノヴィツキーのような外角のシュートを得意とするパワーフォワードの選手も多く存在します。

スラムダンクでは主人公の桜木花道。高い身体能力を活かしてリバウンドを量産していました。

5番:センター(C)

センターはチームでも最長身の選手が担っていることが多いポジションです。

リバウンドやポストプレー、ピックアンドロールでのスクリーンからゴールに向かってダイブ。インサイドでの活躍を期待されるポジションです。

バスケットボールではゴールに近い場所が一番シュートの確立が高い場所です。そのためゴール付近で闘うセンターはチームの要です。リバウンドを死守し、相手のオフェンスを身体を張って止めなくてはなりません。

センターの代表的な選手

ドワイト・ハワードやシャキールオニール。脅威のフィジカルでゴール下を暴れまわる選手達です。

スラムダンクでは湘北のキャプテンである赤木がセンターです。まさに大黒柱といえる選手でしょう。

まとめ

バスケットボールにおけるポジションについてまとめました。

バスケットのチームバランスを考える上でポジションという概念は非常に重要です。

しかし近年ではポジションの枠にとらわれずにオールラウンドにプレーをする選手も多くいます。いわゆる何でも屋ですね。

こういった選手は監督やコーチの立場からしても非常に使い勝手がいいです。ポジションの役割や特徴をしっかりと理解をしながらも、自分のプレーの幅を広げることは忘れないでもらいたいです。