【初心者必見】バスケのファウルの種類について解説

スポンサーリンク
ルール・基礎知識

バスケの反則は大きく「ファウル」と「ヴァイオレーション」の2つに分けることが出来ます。
相手を押してしまったり、手を叩いてしまったりなどの身体的接触やスポーツマンらしくない行いによるルール違反をファウル。「トラベリング」や「ダブルドリブル」などの相手との接触以外の反則はヴァイオレーションというように区別されています。
一口にファウルといっても様々な種類があります。ファウルの種類を知っているだけでも、バスケの観戦がより楽しくなったり、有利にプレーをすることが出来ます。
このページではそんなファウルの種類にはどんなものがあるのか説明していきます。

 

ヴァイオレーションについてはこちらをご覧ください。

バスケのヴァイオレーションは何種類?初心者にもわかりやすく解説する
バスケットボールのルール違反、反則は「ファウル」と「ヴァイオレーション」の大きく2つに分けられます。身体的接触を伴う「ファウル」と、それ以外の反則である「ヴァイオレーション」。 ルールをしっかりと把握しておくことで有利に試合運びが出来...

パーソナルファウルとテクニカルファウル

ファウルは大別すると「パーソナルファウル」と「テクニカルファウル」の2つに分けることが出来ます。
「パーソナルファウル」は相手との身体的接触によるファウルのことです。実際の試合で判定されるファウルはほとんどがこれです。相手をつかんでしまったり、押してしまったりなど多くの種類のパーソナルファウルがあります。
「テクニカルファウル」は相手に暴言を吐いたり、暴力行為を働いたりなどの悪質な行為に対するファウルのことです。審判への執拗な抗議などもテクニカルファウルの対象となります。
パーソナルファウルに比べて試合で見かけることは少ないですが、悪質なファウルのため、その分罰則も厳しくなります。

その他にも「アンスポーツマンライクファウル」と「ディスクォリファイングファウル」という悪質な場合に課せられるファウルも存在します。

ではそれぞれ、細かいファウルの種類や特徴について説明していきましょう。

パーソナルファウルの種類

プッシング

「プッシュ」つまり押す行為に対してのファウルのことです。

相手のドリブルを止めようとして手で押してしまったり、試合中に割と多く見かけることが多いファウルのひとつです。

手で押すだけではなく、お腹やお尻など身体で一方的に押してしまってもファウルと判定されます。また、ボールを保持していない場合にもプッシングは適用されます。

イリーガル・ユース・オブ・ハンズ

手で叩いたり、掴んだりしてしまうなどの「不正な手の使い方」に対するファウルです。

バスケにはシリンダーという、選手が持っているエリアのような概念があるのですが、シリンダーを侵してしまうような手の使い方はファウルをとられてしまいます。

ブロッキング

ディフェンスがオフェンスの進路を不当に防いだときに適用されるのがブロッキングです。

オフェンスがドライブを仕掛けたときに反応しきれずに遅れてしまった際によく吹かれることが多いです。この後に出てくる「チャージング」になるか、ブロッキングになるかはどちらが先にコースに入ったかで判断されます。

ホールディング

相手を掴む、抑える、抱きかかえるなどの行為をしてしまったときのファウルがホールディングです。

ゴール付近のポジション争いの際に起こるケースが多いです。

チャージング

これまでのパーソナルファウルが基本的にディフェンスのものだったのに対してチャージングはオフェンスのファウルです。

先ほどの「ブロッキング」とは逆に、ディフェンス側が先にコースに入っているのに対し、オフェンスがそのまま押し進む、突き進んでしまったときにチャージングとなります。

ゴール下には半円の「ノーチャージングセミサークルエリア」というチャージングが適用されないエリアも設定されています。

イリーガル・スクリーン

不当なスクリーンのかけ方をした場合の総称として用いられます。中にはブロッキングなどが含まれます。

スクリーンプレーの直前や最中にスクリーナーが動いてしまうことによってファウルをとられるケースが多いです。今年話題になった審判を殴った高校生の事件もこのファウルが原因でした。

テクニカルファウル

テクニカルファウルはパーソナルファウルとは違い、身体的な接触がないファウルです。

審判や相手選手に対しての暴言や執拗な抗議など、スポーツマンらしくない行いに課せられます。テクニカルファウルはコート上のプレーヤーだけではなく、ベンチにいるコーチや選手にも適用されます。

テクニカルファウルを1試合中に2回犯してしまうと退場処分となるので注意が必要です。

アンスポーツマンライクファウル

アンスポーツマンライクファウルはテクニカルファウルと混同されがちですが、内容は全く違います。

「わざと、故意に」パーソナルファウルを犯してしまったときに適用されるのがアンスポーツマンライクファウルです。実際の試合中に多いケースが相手の速攻を止めようとしてのファウルです。このシチュエーションではアンスポーツマンライクファウルとして判定されることが多いです。

こちらもテクニカルファウルと同様に1試合中に2回してしまうと退場になってしまいます。

ディスクォリファイングファウル

悪質、危険極まりないと判断されたファウルがこちらになります。

ディスクォリファイングファウルとなると一発で退場処分です。テクニカルファウルと同様にベンチのコーチ、選手が判定されることもありえます。

15年以上バスケをプレーしていますが、実際に試合中にディスクォリファイングファウルが適用されたのを見たことがありません。それぐらい珍しく、悪質なファウルの種類です。

まとめ

バスケでファウルが一度も起こらない試合なんてものはありえません。

どんなに上手い選手でもファウルはしますし、されます。バスケでは1人の選手が1試合で5回ファウルをしてしまうと退場になってしまいますが、逆に言うと5回までなら許されるということです。

ファウルについて知識や経験を積んでいくことで、うまくファウルを利用しながら立ち回ることも可能になります。ファウルの判定については審判、選手間などでも基準が曖昧な場合がありますが、経験を重ねていくうちになんとなく理解できるようになっていきます。

ファウルと上手に付き合いながらバスケをプレーするようにしていきましょう。